macOS Big Surで設定ファイルを読み込むタイプのJavaアプリケーションを起動する

主題
macOS Big Surで、設定ファイルを読み込むタイプのJavaアプリケーション(拡張子:jar)を起動するためのティップスを紹介する。

背景
筆者は、GobotClientというJavaアプリケーション(拡張子:jar)を使っている。OSをmacOS Big Surにアップグレードした後、GobotClientを起動しようとしたら、次のようなダイアログが出て起動できなかった。

JAVA File not found exception


JAVAアプリケーションを起動できませんでした。

原因
Javaアプリケーションのフォルダを書類フォルダに置いていたため。macOS Catalinaまでは、問題なかったが、macOS Big Surになって、ユーザーのファイルがある場所に対するアクセス制御が厳しくなったものと推定する。

対策
お勧めの方法は2つある。Javaアプリケーションのフォルダを、アプリケーションフォルダに置く方法が一つ。もう一つは、Javaアプリケーションのフォルダをホームフォオルダ直下に置く方法である。
どちらの場合も、問題なく動作するので、どちらを選ぶかは、好みの問題である。

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL