Epson Photo+を用いたディスクレーベル作成で、画像を希望のサイズに変更する

主題
Epson Photo+を用いたディスクレーベル作成で、画像を希望のサイズに変更する方法について述べる。

背景
筆者は長年、Epson Print CDを愛用してきた。ところが、Epson現行機種で、Epson Print CDをサポートするのは、EP-306のみであることが分かった。このプリンターは2013年発売で、いつ製造中止になってもおかしくないほど古い。
そこで、Epson Photo+への移行を考えたが、一筋縄では行かない問題が発生した。それは、挿入した画像が、一定サイズ以下に小さくできないと言う問題である。もしかすると、この制限は、一般ユーザー向けのフェイルセーフなのかも知れないが、筆者としては不満が残る。そこで、本稿では、Epson Photo+を用いたディスクレーベル作成で、画像を希望のサイズに変更する方法について述べる。

環境
macOS 12.2.1
Epson Print CD 2.4200J
Epson Photo+ 3.4.1.0

確認したEpson製ソフトウェアは、すべてMac版である。

確認
初めに、問題となった現象を確認しておく。

  1. Epson Photo+のディスクレーベル作成ボタンを押す。

    ディスクレーベル作成ボタン

  2. 目的に応じて、好みのフレームを選択する。
    筆者は、最上段左から2番目のフレームを選んだ。

    フレーム選択


    用紙サイズ確認

  3. レーベル編集画面になったら、左側の操作アイコンの一番上、人のマークのボタンを押す。

    人のアイコンボタンを押す

    画像選択ダイアログ
    挿入する画像を選択する。

    画像選択ダイアログ

    切り抜きパターン選択
    いろんなパターンで切り抜けるようだが、本稿では何もしない。

    切り抜きパターン選択

    追加された画像
    このEpson Photo+書類は、比較のために保存しておく。

    追加された画像

  4. この画像は、下のGIFアニメーションの通り、一定サイズ以下に縮小できない。
    これは、一般ユーザー向けのフェイルセーフなのかも知れないが、筆者としては不満が残る。

    画像のGIFアニメ(標準)

対応策
以下に対応策を述べる。

  1. Epson Print CDで、目的とする画像を挿入した書類を作成する。
    この時、画像は狙いのサイズにしておくと良い。

    Epson Print CD書類の作成

  2. Epson Photo+で、前項で作成したPrint CD書類を開く。

    Print CD書類を開く

    レイアウトが崩れる旨の警告が表示されるが無視する。

    警告

  3. 開いた書類で画像を選択し、コピーする。
    Epson Photo+の編集メニューには、コピペのメニューはないので、ショートカットキー(⌘+C)を用いる。

    画像をコピーする

  4. さきほど、Epson Photo+だけを用いて画像を追加した書類を開き、画像をペースト(⌘+V)する。

    画像をペーストする

    図を見れば一目瞭然だが、Epson Photo+だけを用いて画像を追加した場合に比べ、ずっと小さいサイズの画像を追加できた。これならば、ブルーレイのロゴとして適切な大きさだと考える。

おまけ
Epson Photo+書類は、開いた画像を書類内に保存しない。画像のパスを参照しているだけである。本稿で作成したブルーレイロゴなどは、削除しないよう、Finderでロックする事をオススメする。

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL