macOS 12.3以降でyoutube-dlを動作させる手順。

主題
youtube-dlをmacOS Monterey 12.3以降で動作させる手順について述べる。

背景
macOS Montereyは、バージョン12.3において、それまで同梱してきたpython 2.xを削除した。一方、youtube-dlは、pythonで記述されたスクリプトだ。ただし、バイナリ形式のため、これを書き換える事は現実的ではない。本稿では、python 3.xをインストールし、youtube-dlを動作させるための手順を示す。

確認
初めに、問題となった現象を確認しておく。youtube-dlは、インストール済みとする。

  • youtube-dlアップデートの確認

                    sudo youtube-dl -U
                
  • または、バージョンの確認

                    youtube-dl --version
                
  • を実行すると、以下のエラーが出る。

                    env: python: No such file or directory
                

対応策
以下に対応策を述べる。

  1. python3のインストール
    何はともあれ、pythonのインストールが必要である。筆者は、ffmpegコンパイルガイドにおいて、python3をインストールしている。よって本稿でも、python3をインストールすることとする。

    Python3ダウンロードリンク

    このpythonは、起動ディスク直下のライブラリにpython.frameworkとしてインストールされ、呼び出しはpython3となる。

    インストーラーパッケージの処理が終わった後、Finderで、/Applications/Python 3.10フォルダが開く。ここでフォルダ内のInstall Certificates.commandをダブルクリックして実行すること。

    なお、2022.04.09時点でのバージョンは3.10.4である。

  2. 「.bash_aliases」の作成
    ホームディレクトリ上で「.bash_aliases」という名前のファイルを作成する。書き込む内容は

                    alias youtube-dl='python3 /usr/local/bin/youtube-dl'
                

参考:
youtube-dl installed but ‘python – No such file or directory’ error?

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL