音楽ライブラリはmp3で十分だった。

主題
この時代にあって、あえてmp3で十分ではないかと、主張してみる。これは、ほぼ、筆者自身を納得させるためのものである。

背景
これまで筆者は、それなりに音にこだわってきたつもりだった。Blutoothオーディオに関するエントリや、cdParanoiaに関するエントリにも、それは現れている。実際、つい昨日まで、ミュージック.appのライブラリは、cdparanoiaで読み込みALACに変換したものだった。
それを宗旨替えとも言えるmp3へ舵を切る理由は、偏に自分の耳の能力、すなわち聴覚に自信が持てなくなったからである。ふとした事が切っ掛けで、自分の耳は、13KHz以上は聞こえていないと判断するに至った。(このことは次のffplayコマンドで検証した。)

        ffplay -f lavfi -i sine=13000:0:44100:10,asplit,amerge=2
    

これは、由々しき事態である。筆者の耳には、オーディオCDの音(20KHz)も、FMラジオの音(15KHz)も、区別がつかない事になる。いわんやハイレゾをやである。それどころか、ALACフォーマットの音楽ライブラリですら、無駄にディスクスペースを喰っている事になる。

確認
話はやや脱線するが、ここで、WaveSpectraというソフトを用いて、いくつかの音楽ファイルの周波数特性を見てみたい。音質と言う意味において、自分が何にこだわっているかの確認の意味もある。
なお、WaveSpectraは、wavフォーマット専用のため、読み込めないフォーマットのものは、変換している。

  • オーディオCDの周波数特性
    20KHzまで綺麗に出ている。

    オーディオCD

  • ALACの周波数特性
    これも、20KHzまで綺麗に出ている。可逆圧縮と言う言葉に、嘘はなさそうだ。

    ALAC

  • mp3の周波数特性
    16KHz位で減衰している。不可逆圧縮なのだから、当然である。

    mp3

  • これはオマケなのだが、AccuRadioも16KHz位で減衰している。長らくソースが不明だったが、これを見る限りmp3に似ている。

    AccuRadio

  • YouTube(Opus)の周波数特性その1
    これはさらにオマケなのだが、YouTube(Opus)の場合、16KHz位で減衰しているケース(本例)と、20KHzまで出るケース(次例)がある.

    YouTube(Opus)1

  • YouTube(Opus)の周波数特性その2
    YouTube(Opus)で、20KHzまで出るケース。当然と言えば当然だが、ソースによってマチマチと言う事だ。

    YouTube(Opus)1

結論
既に背景の項で述べた理由により、上記各音声コーデックの周波数特性を踏まえ、筆者は、自分の音楽ライブラリを、ALACからmp3に変更することにした。具体的な手順は、以下の通り。

  1. 曲ファイルの取り出し
    ミュージック.appのライブラリは、アーティストフォルダ → アルバムフォルダ → 曲ファイルの階層構造になっている。これを、findコマンドで引っ掛ける方法も考えたが、後述するffmpegコマンドとの合体処理が、うまく行かなかった。
    よって、曲ファイルをFinderで検索して、1つのフォルダに移した。

  2. 重複するファイルの分離
    上記工程で、1つのフォルダに入れようとすると、ファイル名が同じファイルが出る事がある。これは、絶対に置き換えず、両方とも残す。
    重複ファイルにはのコピーというキーワードが付くので、Finderでこれを別のフォルダに抽出、リネームする。(のコピーを取り除く)
    参考:Mac – 複数のファイル名を一括で変更(リネーム) – 連番、置換

  3. ffmpegによるmp3変換
    次のコマンドを実行する。

                    for i in *.m4a; do \
                    name=`basename "$i"  .m4a`; \
                    ffmpeg -i "$i" -c:v copy -c:a libmp3lame -qscale:a 2 "/Users/roushi/Desktop/mp3/$name.mp3"; \
                    done
                
  4. ミュージック.appへのmp3登録
    ホームディレクトリのミュージックフォルダを開いていくと、メディアというフォルダがあり、その中に“ミュージック”に自動的に追加と言うフォルダがある。
    でき上がったmp3は、このフォルダに放り込む。

注意点


  • ミュージック.appのライブラリは、作り直しになる。

  • 上記に伴い、ライブラリに保存されている情報、ラブ済み、再生回数は失われる…と書いたが、mp3に変換する前のライブラリがあれば、この記事に従えば、引き継げる。返還前のライブラリでミュージック.appを起動し、ライブラリを書き出せば良い。書き出されたライブラリはxmlフォーマットで、iTunes互換である。

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL