C++プログラムをクロスコンパイルする時は…。

主題
C++プログラムをクロスコンパイルする時のコンパイラフラッグ設定について述べる。

背景
特に背景と言うほどの事はないが、筆者のパソコンに記録が残っていなかったので、備忘録として残しておく。

結論
C++プログラムをクロスコンパイルする時のコンパイラフラッグ設定は、CXXFLAGSで与える。CFLAGSではないので、注意すること。

./configure CXXFLAGS="-arch arm64" --host=i386-apple-darwin21.4.0

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL