Xcodeプロジェクトで開いたヘルプキャッシュの場所

主題
Xcode13.3.1/macOS12.3.1の組み合わせにおけるヘルプ書類の場所について述べる。

背景
筆者は最近、自作ソフトウェアのアップデートを行った。その際、ヘルプ書類(正確には、ヘルプビューア書類)もアップデートも行ったが、何故か変更内容が反映されず、困惑した。
spotlightを使って色々検索していく内に、アプリケーションのバンドルIDを検索する事を思いつき、ついに、Xcode13.3.1/macOS12.3.1の組み合わせで、ヘルプビューア書類がキャッシュされる場所を見つけた。

発見内容(結論)
Xcode13.3.1/macOS12.3.1の組み合わせで、Xcodeプロジェクトを起動し、起動したmacOSアプリケーションからヘルプを開くと、下図の場所にヘルプビューア書類がキャッシュされる。

ヘルプキャッシュの場所(パス)


ヘルプキャッシュの場所(ファイル)

Xcode上で、ヘルプを編集したら、頭の垢で囲ったキャッシュも削除する事をお忘れなく!

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL