macOSアップデート直後の英語表記画面を治す

現行OSである、macOS Mojaveでも、効果があることを確認した。(2019.02.10)

OS X El Capitan以降の変な癖を治す方法を書き留めておく。変な癖とは、アップデート直後のログイン画面や再起動/システム終了ダイアログ画面が英語表記になるというものだ。ご多分に漏れず、今回のmacOS Sierra アップデートでも出た。

治すのは簡単である。システム環境設定の言語と地域を開き、図のように優先する言語を入れ替えて再起動し、英語表記で起動するシステムにひるまず、日本語を優先に戻して再起動すれば良い。


優先する言語の入れ替え

こんなつまんないことをユーザーにやらせないで欲しいなとつぶやきつつ、ペンを置く。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL