High Sierra Betaで再生できるhvc1動画の作り方

2017/7/4追記:
この方法で作成したhvc1動画をHigh Sierra BetaのQuickTime Playerでシークしたり、早送り/巻き戻しすると、QuickTime Playerが異常終了する。
この問題を解決するためには、2017/7/4時点では、ffmpegに、採用するかどうかのレビュー待ちとなっているパッチを当てる必要がある。(新規にブログエントリを書いたので参照されたい。)

High Sierra BetaではHEVCのうちFourCCがhvc1の動画は再生できる。
ところで、HEVCには、もうひとつFourCCがhev1のものがある。身近な例で言えば、ffmpegでx265を使ってエンコードするとhev1になる。

High Sierraが、今後hev1もサポートしてくれれば万々歳だ。だがどうも怪しい。

高価なソフトを使える人には関係ないが、筆者のようにffmpegを常用する場合、hev1をhvc1に変換する必要がある…と思って調べていたら、この記事を見つけた。

以下におさらいする。

  1. ffmpegでx265を使ってエンコード

                ffmpeg -i input.mkv -c:v libx265 -preset slow -crf 23 -c:a libfdk_aac hev1.mp4
            
  2. MP4Boxを使ってビデオ分離

                MP4Box -raw 1 hev1.mp4
            

    MP4Boxの出力内容

                hev1_track1.hvc
            
  3. MP4Boxを使って音声分離

                MP4Box -raw 2 hev1.mp4
            

    MP4Boxの出力内容

                hev1_track2.aac
            
  4. MP4Boxで合体

                MP4Box -add hev1_track1.hvc hvc1.mp4
            
                MP4Box -add hev1_track2.aac hvc1.mp4
            

こうしてできあがるhvc1.mp4は、High Sierra Betaで再生できる。

以上。

この投稿へのコメント

  1. ToM said on 2018年2月4日 at 12:07 AM

    % ffmpeg -i input.mkv -c:v libx265 -tag:v hvc1 -preset slow -crf 23 -c:a libfdk_aac hev1.mp4

    • xanadu6291 said on 2018年2月4日 at 5:03 AM

      コメントありがとうございます。今ひとつコメントの意味が不明なのですが、現在のffmpegでは、貴殿コメントの通りでオーケーです。ただし、出力ファイルはhev1.mp4ではなくhvc1.mp4です。
      この記事は、High sierra Beta当時のものであり、現在進行形だったものです。記事最上部にあったffmpegのパッチも現在では本採用されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL