外付けボリュームのAPFS変換

macOS Public Beta導入時に起動ディスクはAPFS化したけれど、外付けボリュームはどうやるんだろうと思っていたが、分かったのでメモしておく。

と言っても難しいことはなく、ディスクユーティリティーで変換したいディスクを選択して右クリックメニューからAPFSに変換…を選ぶだけである。

右クリックメニュー

メニューを選択すると、古いmacOSでは使えないこと、もとに戻せないことの警告が表示され、変換ボタンを押すと変換が行われる。

警告

筆者は4TBの外付けHDDを持っている。これをバックアップ無しでやって良いのかが、目下の悩みどころである。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL