Huawei P9でウイルス誤検知

筆者はAvastという会社のマルウェア検出能力を信用していない。だからPCではMac、WindowsどちらでもAvast製品は使っていない。

一方でAvast製品は無償で提供されることもあって、人気は高い。Huawei P9でも、組込みシステムソフトウェアの一部としてAvast製品が使われている。

だが、ご多分に漏れず、Huawei P9でも誤検知をしている。セイカ歩数計がそれだ。このアプリが感染しているというEvo-genという名前のウイルスは、他のマルウェアチェックソフトで検出されることはないし、ググると歴史的にavastが誤検知を続けていて治っていない様子が窺える代物だ。
もちろん歩数計の開発元にも問い合わせたが、ウイルスチェックはしているので誤検知だろうとの回答だった。

誤検知だと分かっていれば放っておけば良いとの意見もあろう。しかし、Huawei P9の端末管理アプリを動かすたびにウイルス検出というのは気分的には宜しくない。

そう思ってHuaweiに問い合わせたが、ウイルスについてはAvastが担当だの一点張りで埒が明かなかった。Avast社には検体を上げたが、何しろ歴史的誤検知なので治る見込みはない。

Avastも悪いが、Huaweiの対応も宜しくはない。このブログを見る人がどれだけいるかは不明だが、同じ意見を持った人は是非Huaweiに改善を要望して欲しい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL