うちのMacBook ProのBluetooth機器接続時の不思議な癖

うちのMacBook Pro with Retina Display Early 2013 (MacBook Pro10.1)には、不思議な癖がある。

それは、Blutooth機器との接続の際に起きる。

普通、ペアリングされているBlutooth機器は、電源OFF等で一旦接続を切っても、再度電源を投入するなどすれば、Macに認識されるはずである。だが、うちのMacBook Proではそうは行かない。

理由は定かではないが、FinderでAirDropを表示させてやる必要があるのだ。AirDropを表示させない状態では全く認識されないBluetooth機器が、この操作をすることで百発百中で認識される。

もう古い機械の範疇に入るが、OSのアップデートに追従する限り使っていこうと思っている機械なので、できれば理由を知りたい。誰か、教えてください!w

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL