macOSのffmpegでlibcdioを使う場合の注意事項とメモ

ffmpegコンパイルガイドおよびffplayコンパイルのための追記事項において、libcdioをリンクした場合の使い方、注意事項について説明したい。

  1. 注意事項
    macOSでlibcdioそのもの、あるいはffmpeg経由でlibcdioを用いてオーディオCDにアクセスする際は、オーディオCDをマウント解除しなければならない。

  2. 長さの指定
    ffmpeg経由でlibcdioを用いてオーディオCDを読み込む場合、開始時間と停止時間(-ssオプションおよび-tオプション)の指定が必要である。未指定の場合、何も読み込まれない。

  3. コマンド例
    Paranoiaモードを使って初めの5分をflacコーデックで読み込む例を示す。詳細は、こちらを参照のこと。

                ffmpeg -f libcdio -ss 00:00:00 -i /dev/disk3 -paranoia_mode full -t 00:05:00 -c:a flac test.flac
            

以上。

参考サイト

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL