外付けAPFSストレージのSpotlightインデックス再構築時の奇妙な現象

本件は、macOS High Sierra 10.13.2までに解決されている模様である。記録として残しておく。

日本時間9/26にリリースされたmacOS High Sierraだが、やはりβテストでは取りきれなかったバグがあるようだ。
ここでは、そのバグのうち、外付けストレージをAPFSにした場合、Spotlight検索で起きる奇妙な現象について述べる。(ただし、あくまで筆者所有の2台のMacで確認した限りではあるが…)

奇妙なことは、Spotlightインデックスをコマンドで再構築すると起きる。すなわち、

    > mdutil -E VolumeName

を実行すると、Spotlight検索ができなくなるのだ。

念のため、検索ができなくなった外付けAPFSストレージを確認して見る。

    > mdutil -s VolumeName
    /Volumes/VolumeName:
	Indexing enabled.

はて? enabledになってるぞ! 首を傾げてごにょごにょやっているうちに気がついた。ひょっとして…!?

そう、正解はindexingをdisabledにすることだった。なんと、外付けAPFSボリュームでは、Spotlightインデックスを再構築すると、内部的に(?)indexingがオフになるのだ。つまり、

    > mdutil -i off VolumeName
    /Volumes/VolumeName:
	Indexing disabled.

することで、正常に検索できるようになる。

うーむ。やるな、Appleさん!

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL