InfoPlist.stringsの読み込ませ方についてのメモ

Xcodeで開発している時、最後の段階でinfo.plistのローカライズドストリングであるInfoPlist.stringsを作るケースが出て来る。これを通常の方法でローカライズしても読み込まないケースがあった。

本稿は、StackOverFlowのこの記事を参照して分かった、反映させるためのいささかトリッキーなテクニックを覚えておくための記録である。

もしも、作成したInfoPlist.stringsの内容が言語の切り替えに伴って反映されない時は、Xcode上でファイルのリファレンスを切って削除してみよう。そして再びBase.lprojと例えばja.lprojにあるファイルをAdd Files to…を使って取り込む。

この操作でXcode 9.2ではInfoPlist.stringsの内容を読むようになった。Xcode 9.4では、この問題は発生しないかも知れない。だが、こういう方法もあるということで書いておく。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL