アルバムアーティストを活用しよう

iTunesでCD情報を取得するとき、よく見られるものに、やたらとコンピレーションにチェックを入れたアルバムがある。大体の場合、アーティストが一人ではないケース…と言うと誤解が生じかねないのだが、本当に複数のアーティストの作品を集めて構成している場合は問題ないのである。

問題なのは、アーティストが一人なのにもかかわらず、フィーチャリング誰々となっているアルバムにコンピレーションにチェックを入れることだ。

ここで、今一度コンピレーション・アルバムの意味を確認しておこう。

コンピレーション・アルバム (compilation album) は、何らかの編集意図によって既発表の音源を集めて作成されたアルバム、ないしは、CDのセット。「 コンピレーション (compilation)」は「編集」という意味である。

上記からも明らかなように、フィーチャリング誰々となっていることによってアーティストが複数参加しているケースはコンピレーション・アルバムとは呼ばない。そんなことをしてはアーティストに失礼である。

ではどうすれば良いか?

この場合もCDDB設計者はちゃんと考慮していて、アルバム・アーティストという欄を設けている。ここにアーティスト名を書けば良いのである。

CDDBは有志のボランティアが成し遂げた巨大データベースだ。だから、筆者が、こんな誰も見ないようなブログで声を上げたところで、意味がないかも知れない。だが、あまりな惨状に、ひとこと言いたくなった。歳のせいかも知れない。

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL