Time Machineの複数のバックアップを削除するスクリプトの紹介

Time Machineを長く使っていると、バックアップが巨大化する。際限ないディスクスペースがあるなら良いが、個人用途ではレアケースだろう。
したがって、ディスクスペースを稼ぐために、古いバックアップを削除したいというニーズが発生するが、OSレベルで提供されているのは、一度に一個のバックアップ削除だけである。

筆者も、これまで何度か手動で古いバックアップを削除してきた。しかし、この度複数のTime Machineバックアップを削除する作業を自動化するスクリプトを見つけた。
スクリプトは、2013年に書かれたもののようだが、最新のOSであるCatalinaでも正常に動作するので、本ブログにて紹介することにする。

スクリプトは、こちらのブログエントリの下の方にある。ダウンロードボタンなどはないようなので、適当なテキストエディタにスクリプトをコピペし、time_machine_prune.phpという名前で保存して、実行権を付与する。なお、CotEditorなら、保存時に実行権を付与できて便利である。

大もとのブログには、背景や使い方の説明がスクリーンショットとともに載っている(Google翻訳を使って確認した)が、ここでは、簡単に使い方を紹介するにとどめておく。

  1. システム環境設定のTime Machineパネルで、自動バックアップをオフにする。

  2. ターミナルで、スクリプトを保存した場所に移動する。(cf. cd Desktop)

  3. 管理者権限で、スクリプトを実行する。

                sudo ./time_machine_prune.php
            
  4. いつまでのバックアップを削除するか問われるので、YYYY-MM-DDのフォーマットで入力する。

  5. 範囲で見つかったバックアップがリストされるので確認する。

  6. 削除して良ければ、Yesを入力する。

  7. じっと待つ。スクリプトが終了したら、ターミナルは入力待ちになる。

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL