Relocateされたapache2設定ファイルは…。

主題
macOS Catalinaへのアップグレードでデスクトップ上に作られるエイリアス場所が変更された項目(Relocated Items)に入れられたapache2設定ファイルの謎について述べる。

背景
macOS Catalinaへのアップグレード(クリーンインストールではなくアップグレード)を行うと、デスクトップ上に場所が変更された項目(Relocated Items)というエイリアスができることがある。このフォルダの説明は公式サイトに譲るとして、筆者の場合、それはapache2設定ファイルだった。
そしてこの設定ファイル、Appleの公式ドキュメントをいくら読んでも、どうしてそうなっているのか分からなかった。

謎の実体
というのも、設定ファイルのうちシステムに読み込まれて実行されている方が、筆者がカスタマイズ、具体的にはホームディレクトリ内にサイトディレクトリを設ける変更、を加えた方であり、Relocatedされた方が、デフォルトの設定ファイルなのだ。(以下にファイルの比較結果を示す)

    diff -u /Users/Shared/Relocated\ Items/Configuration/private/etc/apache2/httpd.conf.system_default httpd.conf
    --- /Users/Shared/Relocated Items/Configuration/private/etc/apache2/httpd.conf.system_default	2019-11-10 01:05:23.000000000 +0900
    +++ httpd.conf	2019-12-15 12:00:17.000000000 +0900
    @@ -180,7 +180,7 @@
     #LoadModule imagemap_module libexec/apache2/mod_imagemap.so
     #LoadModule actions_module libexec/apache2/mod_actions.so
     #LoadModule speling_module libexec/apache2/mod_speling.so
    -#LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so
    +LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so
     LoadModule alias_module libexec/apache2/mod_alias.so
     #LoadModule rewrite_module libexec/apache2/mod_rewrite.so
     #LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.so
    @@ -517,7 +517,7 @@
     #Include /private/etc/apache2/extra/httpd-languages.conf

     # User home directories
    -#Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf
    +Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf

     # Real-time info on requests and configuration
     #Include /private/etc/apache2/extra/httpd-info.conf
    diff -u /Users/Shared/Relocated\ Items/Configuration/private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf.system_default httpd-userdir.conf 
    --- /Users/Shared/Relocated Items/Configuration/private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf.system_default	2019-11-10 01:04:59.000000000 +0900
    +++ httpd-userdir.conf	2019-12-15 11:48:30.000000000 +0900
    @@ -13,7 +13,7 @@
     # Control access to UserDir directories.  The following is an example
     # for a site where these directories are restricted to read-only.
     #
    -#Include /private/etc/apache2/users/*.conf
    +Include /private/etc/apache2/users/*.conf
     <IfModule bonjour_module>
            RegisterUserSite customized-users
     </IfModule>

結論
現時点での結論を言っておけば誠に結構なRelocationであると言える。せいぜいシステムの更新時に毎回場所が変更された項目(Relocated Items)というエイリアスができるのがうざったい程度である。
だが一つ。Appleが必死になって守ろうとしているシステムボリュームに穴が空いているのでなければである。

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL