ザリガニさんのrec_radiko.shへのmacOS Big Surによる修正点

主題
macOS Big Surで動かなくなったザリガニが見ていたさんのrec_radiko.shの変更点について述べる。

背景
macOS Big Surを導入したら、ファンであるザリガニが見ていたさんのrec_radiko.shが動かなくなってしまった。シェルスクリプトをデバッグした結果、意外なところがBig Surによって仕様変更が必要であることが分かった。

手順

  1. ベーススクリプト
    ザリガニが見ていたさんのスクリプト

  2. 筆者によるベーススクリプトの仕様変更
    diffファイルはこちらからダウンロードできる。

  3. Big Sur導入によって必要となったスクリプトの仕様変更
    仕様変更と言うほどの変更ではないが、diff形式で示す通り、xpathの実行に-eの引数が必要になったのが、今回スクリプトが動かなくなった原因である。

                    --- a/rec_radiko.sh	2017-02-10 23:05:44.000000000 +0900
                    +++ b/rec_radiko.sh	2020-11-16 09:04:23.000000000 +0900
                    @@ -114,7 +114,7 @@
                       # get stream-url
                       #
                       channel_xml=`wget -q "http://radiko.jp/v2/station/stream/${channel}.xml" -O -`
                    -  stream_url=`echo $channel_xml | sed 's/^\(\)/\1UTF-8\2/' | xpath "//url/item[1]/text()" 2>/dev/null`
                    +  stream_url=`echo $channel_xml | sed 's/^\(\)/\1UTF-8\2/' | xpath -e  "//url/item[1]/text()" 2>/dev/null`
                       stream_url_parts=(`echo ${stream_url} | perl -pe 's!^(.*)://(.*?)/(.*)/(.*?)$/!$1://$2 $3 $4!'`)
    
                       #
                

    diffファイルは、こちらからダウンロードできる。

参考サイト

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL