テキストベースのウェブブラウザlynxを入れてみた

主題
テキストブラウザlynxを導入する手順を述べる。

背景
Big Surになって融通の効かなくなった、OSビルトインのApache Webサーバーの代わりに、別のApache Webサーバーを導入した。
何の気なしにapachectl statusとやったら、apachectl: line 95: lynx: command not foundと怒られた。lynxはテキストベースのウェブブラウザだそうだ。では、lynxを入れてみようということになった。

手順

  1. OpenSSLのコンパイルとインストール
    筆者はrtmpdumpの絡みで1.0.2uを入れているが、そういう事情がなければ、1.1.1系で良い。

                    curl -LO https://ftp.openssl.org/source/old/1.0.2/openssl-1.0.2u.tar.gz
                    tar xf openssl-1.0.2u.tar.gz
                    cd openssl-1.0.2u
                    ./Configure darwin64-x86_64-cc \
                    shared enable-ec_nistp_64_gcc_128 \
                    no-ssl2 no-ssl3 no-comp \
                    --openssldir=/usr/local/openssl/
                    make depend
                    sudo make install
                
  2. lynxのコンパイルとインストール

                    curl -LO https://invisible-mirror.net/archives/lynx/tarballs/lynx2.8.9rel.1.tar.bz2
                    tar xf lynx2.8.9rel.1.tar.bz2
                    cd lynx2.8.9rel.1
                    ./configure \
                    --prefix=/usr/local/lynx-2.8.9rel.1 \
                    --with-ssl=/usr/local/openssl \
                    --with-screen=ncurses \
                    --disable-echo \
                    --enable-default-colors \
                    --with-zlib \
                    --with-bzlib \
                    --enable-ipv6
                    make
                    sudo make install
                

件のapachectl statusはどうなったかと言うと、エラーは出なくなったが、次のように表示されるのみ。orz

        Not Found

        The requested URL was not found on this server.
    

参考サイト

以上。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL